マイホーム実現までのあれこれ、誰もが気になるお金の部分まで徹底解明!

夢のマイホーム購入までの計画を立てよう

一番気になるお金の話を徹底的に調べました!

マンションに住むことの利便性や『生活面』でのメリット・デメリットはなんでしょう。 ご近所付き合いは大変なのか…?マンション暮らしでちょっと厄介なところはどこ…?セキュリティ面は…? マンションならではの特徴を理解して、マイホーム選びをするときの参考にしましょう。

一戸建しか考えていません!

一戸建てを選ぶ理由…。 「こだわり」「思い入れ」「家族構成によって将来を見据えての選択」など、さまざまな理由があるかと思います。 一戸建て購入に向けてどんな工程があるのか、何を決めないといけないのか、またどのくらいの期間を要するのかなどを細かくご紹介します。

土地を一から探す際の手順とは

土地を購入となると知っておきたいこととはなんでしょう。 家族の幸せを考えた時にどういった選択が望ましいのか…。金額はどのくらいするのか…。立地条件はどうだろう…。そんな観点で最適な土地選びができたら良いですね。 土地探しから購入までの手順をまとめました。

買うなら絶対マンションが良い!

マイホーム購入を考え始めた時の重要事項としていくらかかるか?が、まず頭にうかぶのではないでしょうか。
まず念頭に置いてほしいのは(1)初期費用(2)継続費用の2種類があること。
(1)の初期表に該当するのは頭金や税金・手数料。
細かく見ていくと頭金に関しては0円でもローンは組めるが毎月の返済額が増えるので、一部頭金として納入しておいた方が良いですね。マイホーム購入時のタイミングや預貯金などを考慮して準備できると良いでしょう。
税金や手数料は項目がたくさんあります。手付金や仲介手数料、印紙税や不動産所得税・固定資産税をはじめ、物件によっては修繕積立基金なども存在している。
その他イメージしやすいところからいうと引っ越し費用や新しい家具購入なども初期費用として考える必要があります。
物件によって差はありますが大体の目安として物件価格の3%~13%。
例)4000万円の新築マンションで120~200万円
例)4000万円の新築一戸建てで240~520万円
(2)の継続費用に該当するのは、ローンの返済や維持費・管理費。
マイホーム購入のタイミングは平均すると30代だがローン返済期間はどうでしょう。ほぼ20年から35年スパンでローンを組むことが多いようです。購入時の年齢にもよりますが、定年退職前後まで返済が継続することを考えてライフプランを構築する必要があります。
また、維持費として全ての物件にかかってくるのが固定資産税・都市計画税となります。こちらも毎年1回支払いがありますので計画的に預貯金が必要となってきます。
その他、マンションを購入した際にかかってくる費用としては、管理費・修繕積立金や駐車場代が考えられます。一戸建ての購入をお考えの方も忘れてはいけない修繕費。10~15年くらい経過したら水回りのリフォームや外壁などのメンテナンスに100~300万円ほど見積もって、計画的に貯蓄しておくといいでしょう。