マイホーム実現までのあれこれ、誰もが気になるお金の部分まで徹底解明!

一戸建しか考えていません!

最初に決めないといけないこと

まず初めに決めないといけないことは「建売住宅」にするのか「注文住宅」にするのかです。
それぞれの特徴を見ていきまし決まったょう!
「建売住宅」の場合、販売価格に土地と建物が含まれています。決まった土地に決まった設計で建てられることが殆どで、同様の仕様の建物が数棟~数十棟まとめて建てられます。
そのため建築資材などをまとめて購入でき物件価格が比較的安価で設定することが可能です。
逆に「注文住宅は」土地と建物を別々に購入する必要があり、建物部分は自由に設計することができます。(例)間取りやデザイン、フローリングや壁紙、キッチン周りやお風呂周りなど…
そのため価格を抑える設計も可能ですし、逆にハイグレード設定も可能となります。

どのくらいの期間でどんな工程を踏むの?

「建売住宅」は物件が完成してから販売開始する際は早くて1か月くらいで購入が可能、建築中から販売開始する際は3か月くらいで購入が可能となります。
魅力的な物件が数ある中、他の方は何件くらい見学して決めているのでしょう。平均すると3件から5件。珍しいケースで言うと1件見て決める方や数年探す方もいる様です。
「注文住宅」は土地を探しだしてから購入するまで3か月から6か月、建物の設計が始まり工事の契約を結ぶまで3か月から10か月、着工してから完成まで3か月から6か月かかり、多く見積もると1年10か月もかかります。
いつまでに完成させたいか(住めるようになっていたいか)を家族構成などを考慮して、逆算して決める必要があります。
子どもが小学生になる前に…と焦って決めてあとから「もっとこうしておけば良かった…」など後悔しないように、ある程度時間に余裕を持って家族みんなで話し合って決めていくのが良いですね。


この記事をシェアする