マイホーム実現までのあれこれ、誰もが気になるお金の部分まで徹底解明!

土地を一から探す際の手順とは

土地選びで知っておきたい「用途地域」とは

土地には『都市計画』で定められた「用途地域」というものがあります。
種類別に・住宅地域(住宅専用地域)・商業地域・工業地域があります。
商業地域や工業地域は住宅建築に不向きとなりますが、住宅地域の中にも様々な種類があり、その中で最も住みやすい分類が「第一種低層住宅専用地域」となります。
「第一種低層住宅専用地域」とは低層住宅の為の地域。(低層住宅とは:1階・2階建ての建物(3階建ても含める場合もある))
その他、小規模なお店や事務所兼用の住宅も建設可能。
そのほか「第二種低層住宅地域」や「第一種中高層住宅地域」などの種類がありますが、名称に『住宅』と入っている地域は住むのに適しています。自分が気に入った土地がどの分類に当たるのか確認した上で決めましょう。

どんな条件で土地選びをするのか

土地選びでまず気になるところは価格かと思います。
同じ市区町村でも駅に近いのか、商業施設が近い発展したエリアなのか駅から離れた農業地域なのかによって値段が変わってきます。
建物にお金をかけたいから土地はなるべく抑えたい、逆に土地は譲れない!また地域によっては土地面積は少ないけど工夫したデザイン性の高い建物にしたい、平屋で広い土地に住んでお庭で家庭菜園をしたい!など、それぞれ家族の希望を出し合うのが良いと思います。
「注文住宅」はカスタマイズできるため選択肢が広がりなかなか決定まで持っていけないケースも出てくるかと思います。第一に決めないといけない土地選びも「いつまでに決定する!」と期限を決めると選びやすいでしょう。
また家族の色々な意見を考慮する必要がございますが、あれもこれも叶えようとするとなかなかいい土地に巡り合えません。優先順位をつけてある程度は妥協できる位の余裕があると良いかもしれません。


この記事をシェアする